検索
  • おかもと まきこ

月ヨガだより №4


 通勤途中に牛の散歩と遭遇できる街、糸満。

 あまりに立派な牛なので、思わず車を止めて窓を開けると、

「横綱だよ!」と、綱をひいたお兄さんが自慢気に笑顔を向けてくれました。

 横綱って、この牛のニックネーム? それとも闘牛ってこと?

 質問する間もないまま、牛は悠々と通り過ぎていく…


 私が前に勤めていた職場は糸満のさらに南端、大度海岸の近く。

 あの有名な平和祈念公園のすぐそばでした。

 朝は東シナ海と太平洋の水平線を見ながら出勤し、帰りは西の海へ沈む夕焼けを眺めながら帰宅する、なんというぜいたく!

 この牛さんには、夕方、よく出会いました。


 ・・・・・・・・・・・・


 「 非暴力を確立した人がいるところでは、すべての敵意はやむ」

                   ヨーガ・スートラ 2章35節

 今日のテーマは<非暴力>。ヨガ哲学で最大のテーマといっても過言ではありません。

 

 牛といえば、非暴力の象徴。

 穏やかに草を食み、忍耐強く働き、

 良いことも悪いことも

 すべてを応諾して受け入れるような神秘的な瞳。

 ヨガの経典は、五つの禁戒の第一に非暴力を掲げます。

 この非暴力には、物理的暴力だけではなく、言葉の暴力、思いの暴力(敵意や攻撃性)も含まれます。

 「心は合わせ鏡」ともいいます。

 自分の中に攻撃性がなければ、他者も攻撃性を捨てる。

 他者の攻撃性に反応してしまうのは、自分の中にも同じものがあるから。

 力を入れたら同量の力で押し返されるニュートン力学の作用・反作用の法則は、

 心(マインド)にもあてはまる場合があるようです。

 積極的な攻撃性はなくても、否定的な思いを秘めていると

 自分と相手の心が予期せぬ化学反応を起こしてしまうことも…。

 攻撃性は、<恐れ>から出てくることが多いようです。

 脅威や恐れを感じない、安心できる環境では、

 あらゆる生き物は、防御を捨てて穏やかになる。


 古の伝えでは、インドのある修行者は、この経句を実証しようと

 あらゆる敵意を捨て、ヒマラヤの猛獣の棲む洞窟に入って一晩を過ごした

 その猛獣は

 修行者のそばを通り過ぎて外へ

 再び帰ってきたとき、修行者のそばに木の実を落としていった

 すごい勇気ですね!

 完全に恐れを克服し、自分の心を制御しないと、こんなことできません。

 他人に対して、「この人のこんなところがイヤ」と嫌悪感を抱いてしまうのも、実は自分自身の心の奥底に、同じものがひそんでいるから。

 自分が必死で押し殺し、抑圧しようとしているものを、他者の内面に見出したとき、人は嫌悪感を抱きます。

 

 私が初めて出会ったヨガの先生は、

 人間関係に悩んでいた私に、このことをさり気なく教えてくれました。

 自分自身で気づけるように

 ヨガで真剣に向き合うのは他者ではなく、自分の心

 徹底的に自分の心と向き合い

 否定的なものとも向き合い、受け入れ

 余分なものをそぎ落とし

 最後は自分の利己心という難敵と闘い

 他の生命と繋がり、支え合うことが幸せだと気づく。

 それでも敵意を向けられたら、その人はきっと、あなたが自分らしく輝いていることを

許せないと思っている。

 自分が 自分自身に 自分らしく生きることを許していないから…

 自分を受け入れることができていないから。

 自己一致しているあなたに 無意識に反発を抱いてしまう。

 そんなときは 自分を大切にできないその人へ憐れみと慈愛を抱き

 自分は自分らしく 輝き続ければよい。

 その人のことを祈りながら。

 もろく、翻弄されやすいのが人間の心。

 私の今生のテーマも<弱さの克服>です。

 <弱さ>があるからこそ、地球を選んで生まれてきた。

 いろいろな体験をして。

 強く、やさしく、しなかやに、豊かになれるように。

 恐れる心を手放し、弱さを克服しながら、

 「身口意(身体、言葉、心)」にわたって貫く非暴力へ。

 みなさんと支え合いながら、一歩ずつ 近づいていきたいです。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示