top of page
検索
  • おかもと まきこ

荒野に希望の灯をともす


ひとすみを照らす


そんな生き方をしたくて

月ヨガテラス(照らす)

というヨガスタジオを沖縄で運営してますが


ヨガのクライアントさんが貸してくださったDVD

〈荒野に希望の灯をともす〉を観て


古中村哲医師もまた


ひとすみを照らす


という言葉が好きだったと

初めて知りました


あまりにも爽やかなエネルギーをいただき

バガヴァッド・ギーターに通じる真理を感じましたので

ぜひ紹介させてください


生き様が

時代を超えて

強いエネルギーを帯びたメッセージであり続ける


そんな巨人が

歴史には時折、現れますが

ペシャワール会の古中村哲医師は

まぎれもなく、その一人に数えられるでしょう


戦乱と飢餓のアフガニスタンで

大河に用水路を掘り

広大な農地・緑地をつくって

65万人の生活と命を救った中村医師


画像の背後にみえる緑は

灌漑工事によって

荒野から生まれ変わった地


最初は医療活動をしていた中村医師が

問題の根幹は

貧困と飢餓ととらえ


井戸を掘り

大河の流れを変える土木工事に従事して

荒野を緑豊かな地に変えた


9.11テロから戦争が激しくなっても

ひとたび完成した用水路が百年に一度の洪水で崩れ流されても


彼はあきらめなかった


アフガニスタンを見捨てない

この地に希望の灯をともし続ける 


そんな信念を貫いた活動は35年に及び

凶弾によって

彼自身が命を落としてもなお

多くの人々によって引き継がれているそうです


善悪や正邪といった二極対立の観念論争に拘泥せず

大局に立って超然と

結果に執着せず

置かれた場所で

できることに力を尽くす


彼の生き様は

古代インドのヨガの教典

バガヴァッド・ギーターの精神そのものだと

思いました


インドの古ガンジー首相にも通じる不屈の生き様です


ギーターは

結果にとらわれることなく

為すべきことに力を尽くすよう説いた

神から人へのメッセージ


中村医師のことはよく知っているつもりでしたが

DVDを見て初めて

彼が最後は

雄大な大河という

大自然と深く向き合っていたことを

知りました


困難にあって、どう生きるか

人と自然の関係とは…


深いテーマを通して 

勇気と智慧と希望に満ちた

パワフルなエネルギーをいただき

心に温かい灯がともりました


このエネルギーは未来にわたって

人の心に

明るい灯をともし続けると思います


感謝



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page