検索
  • おかもと まきこ

罪悪感からの卒業


あと3日で新月ですね


新月に立てた誓いは

月の満ち欠けとともに

ゆっくりと現実化してゆきます


雨水が大地に染みこんで

やがて湧水や川の流れとなるように


落ち葉が土に還り

腐葉土となって樹木を育て

やがて熟れた実となるように


カタツムリが前へ進むように…


このゆったりとした時の流れに

愛おしさを感じませんか?


この自然界のリズムを

もう一度、思いだして

ゆったりと結実してゆく誓いを

たててみませんか


…………………………


ヨガセラピーで自分と向き合いながら


〈 罪悪感からの卒業 〉


を誓った方がいました


もう少しわかりやすく言うと


〈 罪悪感を感じさせる関係性からの卒業 〉


という表現がぴったりかもしれません


相手に罪悪感を抱かせることで

自分の思うように他者をコントロールする


そんな悲しい人もいます


〈悲しい〉

と言ったのは

他者をコントロールしたがるその人自身が


自分を知らない

自分をコントロールできない

自分自身を、自己存在を感じられない


そんなむなしさ、空虚さを

根源的に抱えて生きているからです 

なんという闇でしょうか…


罪悪感は

自己否定や落ち込みにつながりやすく

自分自身を弱め

エネルギーを消耗し

足をすくませてしまいます


私たちからエネルギーを奪い

弱者へとおとしいれる

罪悪感や自己否定に

どうかのみこまれませんように


あなたに罪悪感を植えつけようとする存在がいるとしたら


あなたから自分らしく生きるパワーを奪い

あなたをコントロールしたい意図が

隠れているかもしれません


これに対して

自分を客観的に、あるがままに観察するのが内観や瞑想


内観や瞑想は

自己否定や善悪の解釈を一切しないで

ただあるがままをながめるので

かりに自分の行いやあり方を振り返って改めたとしても

罪悪感に囚われることはありません


満ちあふれるエネルギーと

自分への信頼(シュラッダー)とともに

力強く前へ

進んでいけるでしょう


罪悪感は過去への囚われ

内観や瞑想は未来志向なんですね


私たちの内なるエネルギーは無限大

自由と解放に満ちたあり方へ

進化の可能性はつねに開かれています


あなたに罪悪感を感じさせようとする

教え、教義、人間関係とは

距離をおきましょう


善悪二元論的な支配

あなたのためよ、とささやく愛という名の支配

無力による支配


いろいろですね…


弱者へおとしいれるささやきではなく

自分自身の内なるパワーを引き出す存在へ

意識を向けてみてください


新月の誓いが、あなたに

前へ進む清浄なエネルギーをそそいでくれますように


…………………………


【ムーンサイクルヨガ】

10月25日(火)新月ヨガ 

  参加者募集中

  時間 19時〜20時30分

  場所 月の館〜TUKI NO YAKATA


体調不良によるキャンセルで空きがございます。参加を希望される方は、公式LINEへご登録いただき、LINEでご連絡ください

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示