検索
  • おかもと まきこ

秋は夕暮れ


夕暮れ時のそらYOGAも格別です


秋は空が高く、雲が何層にも広がって

いろんな雲が流れては消え

オレンジから水色、紫色に暮れなずむ変化が

神秘的ですね


1000年以上まえの平安時代

清少納言がながめた空も

こんな風だったでしょうか


人間って不思議です

どんなに心が荒れても

意識の向け方ひとつで

自然界にどっぷりつかって

ひとつにとけあってゆけるのですから…


ほんの一瞬

仕事や家事の手をゆるめて

スマホからはなれて

空を見上げる


それだけで

地球、太陽、宇宙の荘厳なランデブーに

立ち合えます


生きている限り

さまざまな出来事や想念に

心乱されますが


せめて1日1回くらいは

<今、この瞬間>に意識を向けて


春はあけぼの

夏は夜

秋は夕暮れ

冬はつとめて(早朝)


と詠んだ清少納言のように

マインドフルネスなひとときを大切に

過ごしたいですね


そらYOGAのために

屋上の太陽光パネルをすべて撤去しました

設置して8年で外すのは例がないそうです


太陽光を電気に変えるより

天体のリズムを感じながら

生命エネルギーとつながる場にしたい


直観で決めました


広々としたスペースは

まさに<太陽と月の広場>


みなさん、あそびに来てくださいね



…………………………


興味のある方は読み進んでみてください


心という魔物がつくりだした幻想(イリュージョン)から

意識的にはなれて


今をあるがままに味わう


それが脳、心、からだを休めて

明日へと進む

かけがえのないエネルギーチャージになります



枕草子を著した清少納言は平安時代中期の女性ですが

いまから千年以上前に

この随筆が人気を博したのは


すでにその時代

ひとの心が<いま、この瞬間>から離れて

自然と分離して

過去や未来、他者の心の内などをさまよって

不安、妄想にのみこまれる状態になっていたからでしょう


文明の発展と富の蓄積にともなって

人類は物質的幸福とひきかえに

不安と恐怖を増大させてきました


ヨガが生まれた背景も

文明の発展によるストレス(心の妄想)からの解放

という

時代のニーズがあったと言われます


太古のはじめ

ひとが自然とともに生き

地球の生態系や宇宙と調和しながら

自分自身の内に至福や歓びを見出していたころ


ひとは心を必要な時のみ動かし

必要のない時は心のはたらきを止めていました

これが<止滅の心(ニローダ)>


この自然主義の時代、少なくとも3000年以上前の

古代インドで編纂されたリグ・ヴェーダは

生命や身体、自然への讃歌から成り立っています


ときを経て

ひとの心が暴走をはじめ


つねに何かを考えている


という状態に

悩まされるようになりました


止滅の心(ニローダ)から、一点集中の心(エーカーグラ・チッタ)へ

一点集中から散漫な心(ヴィクシプタ・チッタ)へ

散漫な心から、惑わされた心(ムーダ・チッタ)へ


惑わされた心とは

肉眼で見える物質や現象だけがすべて

とかたくなにとらえる心のこと


ひとが自然から離れ

<いま、この瞬間>から離れるとともに

気づきの退化がすすみ

ひとは暴走する心に支配されるようになりました


ヨガはそんな心の過剰なはたらき、暴走に気づき

コントロールして

本来の自然な状態、本来の姿に還ろうとする試みです



ヨーガとは、心のはたらきを止滅することである

    ヨーガ・スートラ 1章2節


その時、みる者は本来の姿にとどまる

    ヨーガ・スートラ 1章3節



ただ忘れてはならないのは

ゴールは<心のはたらきの止滅>ではなく


止滅の先に

自然界との調和や生命のつながり、歓び、幸せを

あるがままに感じること


太陽や空、海、森などの自然のなかでのヨガが望ましいのは

自然界に身をひたすことで

自我(エゴ)が弱まり

自然との一体感という至福へ没入しやすいからです



この至福を抜いてしまって

ただのテクニックや努力におちいった修行は

自我(エゴ)を増大させ

無感覚、無感動な状態へとおちいっていきます


自然界でのヨガの心地よさをゆったりと楽しむ

そんな初心に

いつも立ち還っていたいですね


最後まで読んでくださり

ありがとうございました


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示