検索
  • おかもと まきこ

消化器潰瘍に効くヨガセラピー


胃腸系の不調が気になるあなたへ


◇はりつめるような緊張が続くとき

◇いつもより無理をしているとき

◇なんとなく気がかりなことが頭を離れないとき


胃腸のバランスが乱れてしまう経験

誰にでもありますよね


便秘、下痢、吐き気、ムカムカ、胃痛…


生体恒常性(ホメオスターシス)の乱れが長期化すると

一部の方は

胃炎、胃潰瘍になったり

過敏性腸症候群やクローン病などの

消化器潰瘍を発症してしまいます


胃腸系の心身症状は

心理社会的要因による自律神経の乱れから生じていることが多く

ヨガセラピーが改善に効果を発揮します


ヨガセラピーは

科学的な呼吸法と

肉体への緊張と弛緩によって

自律神経系の司令塔である視床下部へ働きかけ

ホメオスターシスのバランスを整える安全なメソッド


…………………………


心と体は

わたしたちが思っている以上に深くつながっています


体質を本気で変えたいと思うなら

心のあり方、認知のパターン、生き癖をふりかえって

今年こそ

無理のない自分らしい生き方へ

舵を切っていきませんか


…………………………


自分の感情に気づきにくく

過剰に頑張って環境に適応しようとする

努力家タイプの方に多いのが

胃腸系の不調


私の経験では

しっかりものの第一子

幼いころに子どもらしく過ごせなかった

大人の顔色を気づかってエネルギーを消耗してきた


そんな傾向の方は

未消化な感情や葛藤が

胃腸に染みわたりやすく

不調に繋がる場合が少なくないようです



◇4-7-8呼吸法で吐く息を長くしながら副交感神経を刺激

◇アイソメトリック・スロー・ハンド・イン・アンド・アウト・ブリージング

◇アイソメトリック・パーダ・ハスタ・アーサナ・ブリージング

など

アイソメトリック・スロー系の肉体へのアプローチを中心に


腹部の過緊張を解放して

深くリラクゼーションしながら

自分の体感感覚に気づく力と

自分の感情や葛藤に気づく力を取り戻していくと

身体症状は少しづつ軽減されていきます


治療中・服薬中の方もご安心ください

医療機関勤務経験のあるセラピスト(精神保健福祉士/ヨーガ療法士)が

主治医と連携しながら

安全にヨガセラピーを行っていきます

お気軽にご相談ください



〜プライベート・ヨガセラピーをご希望の方へ〜

◇体験キャンペーン中です。

月ヨガテラスのホームページより公式LINEに友だち登録いただきLINEにてご連絡ください

◇1月の予約枠は満席です(キャンセル待ちとなります)

◇2月以降、残枠あります。体験をご希望の方はご連絡ください

◇コロナ感染対策を慎重に実施の上、対面で実施します

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示