検索
  • おかもと まきこ

月ヨガだより №28


生きとし生けるもの

すべて至福より生まれ

至福にささえられ

そして至福へと向かい

ふたたび至福とひとつになる

    〜 ウパニシャッド


…………………………


俺は大地の果てまで出かけてみた

俺は水の涸れ果てるところまで出かけてみた

俺は空がおしまいになるところまで出かけてみた

俺は山のつきるところまで出かけてみた

そして、俺は自分の友でないものなど、ひとつも見かけなかった

    伝承歌 ナヴァホ族 〜若い戦いの神の歌

           ネイティブ・アメリカン


…………………………


すべての生命はワカン(グレート・スピリット)だ

そして風や漂う雲のように

動きの中で力を顕示するもののすべてと

道端の丸石のように

じっと動かないもののすべてもまた

ワカンなのである

なんの変哲もない棒切れや石でさえ

霊的な性質をもっている

宇宙を満たし

いたるところに拡がっている神秘的な力のあらわれとして

その霊的な本質は尊敬に値する

      フランシス・ラフレスチェ オセージ族

           ネイティブ・アメリカン


…………………………


「物質」よりなる自己が存在し

その奥に

「生気」よりなるいま一つの自己が存在し

その奥に

「精神」よりなるいま一つの内なる自己が存在し

その奥に

「真理=知識」よりなるいま一つの内なる自己が存在し

その奥に

「至福」よりなるいま一つの内なる自己が存在する

       タイッティリーヤ・ウパニシャッド


…………………………


真我とは万所偏在の存在であるが

身体内に宿ると自身の触覚器官内に制限されてしまう

それ故に真我はすべての感覚を知覚できなくなり

すべての生き物の身体にかかわれなくなるのである

      チャラカ本集 79節


…………………………


万生の内に秘れる真我は自らをあらわさず

ただ、鋭く精妙な理智を有する観想者のみによって

見出されるのだ

      カタ・ウパニシャッド 12節


…………………………


すべてのものはひとつである


あらゆる存在と宇宙原理との一体化を説く

<不二一元論>を

ご存知ですか?


四千年以上前から伝承される

古代インド哲学の主流

ヴェーダーンタ学派の宇宙観です


実践を通して心身統一をめざすヨガ哲学にも

数千年を経て

その宇宙観が引き継がれてきました



自分とは何だろう?

自分はどこから来て、どこへ行くんだろう?



ヨガや瞑想で自己客観視力が身についてくると

自己存在について

深く考えるようになっていきます


…………………………


わたしの場合

西洋の善悪二元論や個人主義が染みついていたので


外の世界でうまくいかないことがあると


孤独感

疎外感

自己否定感

むなしさ


そんなものに心乱されて

大波にのみこまれ溺れかけることが

よくありました


こころの最深部

自己存在の弱さに気づいたのは

数年におよぶ瞑想のはて


<すべてはひとつ>

という宇宙観に出会い

万物に神が宿り、すべてはつながっている

という感覚を思い出し

原点回帰することができました


「思い出し」というのは

子どもの頃にはその感覚を持っていたからです


…………………………


ネイティブ・アメリカンの世界観と

古代インドのヴェーダの智慧があまりに似ていることに気づき

その不思議なつながりにも胸おどります


<不二一元論>はかつて神秘主義と呼ばれましたが

風の時代(水瓶座の時代)のいま

あらゆる宗教や国家、地域の枠を超えて

直観的にこの宇宙観を取り入れる方が

とても増えているような気がしますね


<真理はひとつ、至る道はあまた>


まさに時代はエキュメニズム

エキュメニズムとは

あらゆる宗教を

<一つの根より発し、同じ目標をめざすもの>

とみなす立場のこと


キリスト教(カトリック)を信仰するクライアントさんから


こんな人もいますよ、と

教えてもらったのが


アッシジの聖フランチェスコ

という中世イタリアの修道士


あらゆる生き物を愛し尊び

愛と平和を求めたフランチェスコは


被造物の賛歌

太陽の賛歌

平和への祈り


などを遺しました


西洋人には珍しく自然と一体化した聖人として

いまだに世界中から敬慕される存在


その生き方、信仰心からは

万物に宿る<至福>をうたった

古代インドのヴェーダ讃歌との

深い共鳴がみられます


…………………………


ヨガセラピーにも<至福のポーズ>がありますが

この<至福>が

自分の内にあることに気がつくと

自己感覚が力強いものに変化していきます


<至福>とは

アーユルヴェーダやインド哲学で

なんの乱れもにごりもない

静けさ、安らかさ、調和

純粋で完璧な状態のことを言います


わたしたちのこころの最深部は

<純粋意識(プルシャ、ブラフマン、至高の存在、真我)>と

つながっているとされます


純粋意識とは

宇宙にあるすべてのものを生み出し育んでいる

大いなる力、大いなる存在、宇宙原理、生命原理


この純粋意識のもつ質が

<至福>なのです


わたしたちは内部に至福を抱きながら

普段はおおい隠されている状態です


ヨガや瞑想によってめざすゴールは

その覆いを取り去って

至福を思い出し、感じ

心身の全体に染みわたらせて

自分の外部=世界にまで

至福を広げる存在になっていくこと


これがいのちの最終目標と言われます


そのときあなたは

心身ともに健やかに

自分らしさを輝かせながら

他の生命に貢献できる自由で幸せな人生を

歩んでいるはずです


最後まで読んでくださり

ありがとうございました


◇参考文献

 「それでもあなたの道を行け」より引用

 ジョセフ・ブルチャック編、めるくまーる発行

◇「神の生命 霊的進化の哲学」より引用

 シュリー・オーロビンド著、文化書房博文社

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示