検索
  • おかもと まきこ

月ヨガだより №23


一陽来復

陰極まりて陽へ


陰と陽

エネルギーバランスを見直すとき


今日は(12月22日)

一年で昼が最も短くなる冬至ですね

太陽の力が弱まって衰え

<陰>が極まるとき


沖縄の空もどんよりと厚い雲におおわれ

朝から冷たい雨

底冷えがする寒さです


この時期はヨガ的にいうと

陰と陽の

エネルギーバランスを見直すとき


明日から昼が少しづつ長く

太陽の力がよみがえり

<陽>へ向かって

季節が動き出します


太陽が復活する日


太陽へ意識を向けながら

陽のエネルギーをたっぷり取り入れ

凛々しく、自分らしく生きるために必要な

強さ、活力、勇敢さを目覚めさせていきませんか


…………………………


陰と陽


月と太陽


受容性と積極性


女性性と男性性


右脳と左脳


直観と思考


感情と理性


副交感神経と交感神経


静と動


どちらが良い悪いではなく

万物はこの相反する性質の相互作用によって

作られており


すべての人の内に

陰と陽の性質がしっかり含まれています


「これらの心のはたらきの止滅は

実践と離欲によって起こる」

  ヨーガ・スートラ 1章12節


この<実践>と<離欲>も


陽と陰

太陽の態度と月の態度

行動と手放し


どちらか一方の態度に傾き過ぎると

どこかで苦しくなっていきます


苦しさを抱えている人

心身の調子がすぐれない人は

陰陽のバランスがうまくいっていないかもしれません


あなたも自分のなかの陰と陽のバランスに

意識を向けてみませんか?


例えば

ある人の表面的に見える姿が

男性性、積極性、理性だとしても

必ず女性性、受容性、感情が眠っています


面白いですね

見えにくい性質はまさに

可能性・潜在能力そのもの


だれもが<眠れる巨竜>のような存在


…………………………


陰極まれば陽となり

陽極まれば陰となる


強さのなかに弱さがあり

決意のなかに迷いがあり

正義のなかに悪が宿り

安定のなかに崩壊の兆しがさす


弱さのなかに強さがあり

迷いのなかに決意が生まれ

悪のなかに善が宿り

恐れのなかに勇敢さが育つ


すべてを手放したゼロのなかにこそ無限が広がる

どん底を味わったからこそ本当の強さが生まれる


この矛盾、逆転、摩訶不思議

これこそ人間としてこの世に生まれる面白さだと思いませんか?


陰陽の変化と統合のダイナミクス

創造、維持、破壊のサイクルは

壮大な宇宙エネルギーそのもの


自分の内にある

陰陽の性質もまたエネルギー

この無限大のエネルギーを

どのように引き出して

使いこなし、自分を表現していくか

自分らしく、他の生命のために貢献していくか


それを探究することが

この太陽系に、地球に生まれてきた意味

ひとりひとりに課せられた人生の課題(運命)だと思います


そして

ヨガセラピーの呼吸法は

このエネルギーバランスを整え

あなたの内に眠るエネルギーを最大限引き出して

自己コントロールする力を与えてくれます


呼吸法によってきっと

あなたらしいバランスにたどりつくことができるでしょう


…………………………


月ヨガテラスがめざすのは

<陰陽統合を意識したヨガセラピー>


陰と陽

相反する性質が

自分の内に眠っていることに気づき

エネルギーの方向性やバランスが整ってくると

あなただけのかけがえのない中庸の姿が表現されて


凛々しく、自分らしく輝くあなたが花開いていきます


まさに、自己変容のためのヨガセラピー


…………………………


さあ、一陽来復

明日から太陽は日ごとにパワーを増していきます


あなたも朝一番に太陽の光を浴びて

<陽>をたっぷり取り入れ

強さ、活力、勇敢さを思い出し

恐れ、憂鬱、弱さを手放していきませんか


深く息を吸って交感神経を刺激し

心身をめざめさせ

太陽神経叢へ陽のエネルギーを取り入れる呼吸法を

そしてナーディ・シュッディで右脳と左脳を交互に刺激し

自律神経を調整しながら

陰陽のバランスを調整していきます


私自身の場合

どちらかというと<陰>に傾きがちな傾向があるので

<陽>のパワーを取り入れて

強さや勇敢さといった陽的性質を引き出していきたい時期

自分の内にある<陽>をめざめさせて

<弱さの克服>という今生の課題に

向き合っていきます


最後まで読んでくださり

ありがとうございました


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示