検索
  • おかもと まきこ

新月の夜、どんな誓いをたてましたか。


 昨晩、5/12(水)の夜は新月。ムーンサイクルヨガへご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


 アロマの香り漂うキャンドルを灯しながら、心身の緊張をほぐし、静かにリラクゼーションする癒しのひととき。

 忙しい日常に追われ、さまざまなことに翻弄されて心が曇りがちな私たちにとって、月2回、新月と満月の夜に自分の心を深く向き合う時間は、とても大切に思います。

 仕事、家庭、人間関係…

 これまでなんとなく続けてきた習慣や心の癖が、実は自分自身を苦しめていることに気づくことがありますが、私たちはそれを変えるきっかけをつかめずにいることが、なんと多いことでしょうか。その間に、人生の数年、数十年という年月が、あっという間に過ぎ去っていきます。

 ヨガで身体をゆるめ、心を静め、競争社会の損得や苦楽、勝敗といった価値観からしばし距離を置き、<本当の自分>と向き合うとき、曇りが少しづつ取り払われ、心が明晰となって、自分にとって必要ないもの、必要なものが見えてきます。

 ムーンサイクルヨガでは、脳を休息させながら、覚醒と瞑想のはざまを漂い、<本当の自分>との繋がりをほんの一瞬味わうことで、インスピレーション(直観)がおりてくるのを待ちます。

 新月のテーマは<希望>。本当に自分が望むことに近づくために、小さな誓いを立てます。

 「職場で同僚に挨拶をするとき、とびきりの笑顔で声をかけよう」「朝起きたら、お花に水を上げよう」

 「子どもに声をかけられたら、家事の手を休め、3分間だけ目と目を合わせてしっかり話を聴いてあげよう」。

 「自信を失って自分が信じられなくなったときは、その感情に巻き込まれないように、呼吸法をして心を安定させよう」

 「寝る前に5分、ヨガをして、1日頑張った自分の身体をいたわってあげよう」


 こんな小さな一歩から、行動が変わり、生活が変わり、習慣が変わり、人生が変わっていくんですね。

 みなさんも、新月にはぜひ、小さな<誓い>をたててみてください。


 

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示