top of page
検索
  • 執筆者の写真おかもと まきこ

必要なものはすべて自然界にある


今日は新月

はじまりの日


世界最古の文明で神聖視されていた

奇跡の木、ニームを

ほたる野の真ん中に

地植えしました


満月に届いてから

待ちわびること2週間


最大20メートル以上の高木にもなるニーム

別名インドセンダンと言います


インドでは

このニームの葉、実、樹皮を

アーユルヴェーダの伝統的治療薬として

数千年前から利用してきました


その薬効は

心臓病、高血圧、動悸、解熱鎮痛、関節炎、リュウマチ、糖尿病、癌、消化不全、潰瘍、口内炎、神経系疾患、ストレス、マラリア、気管支炎、皮膚炎…


まさに万病に効くミラクルニーム


また、その種子や葉などは200種類以上の害虫忌避効果があり

半世紀以上前

アフリカのスーダンでイナゴの大襲来があり

あらゆる植物が食べ尽くされたにも関わらず

ニームだけは元気に残っていたのを

ドイツの昆虫学者が目撃し

そのパワーが西洋にも伝わりました


強力な害虫除けの力と

人の万病を癒す薬効


20世紀最大の自然からの恩恵として

世界で注目されているニームですが


南インドのタミル地方に起源を持つ

世界最古の文明の時代

古代の人々は

その神聖なパワーを知りぬいて

活用していたのです


太古の昔

人がマインド(思考)をコントロールし

ハート(魂)とともに生きていた時代


人は自然界の叡智に学び

自然界と交信し


必要なものはすべて

自然界に存在することを

知っていました


そんな自然界の叡智の象徴、ニーム

地球が生んだ、人類への贈り物


ほたる野の女神として

大きく育っていってほしい


心からの願いを

新月にささげます


寿命は200年以上というから

わたしが去ってからもずっと

この地を見守ってくれるんだろうな〜



閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一陽来復

Comments


bottom of page