検索
  • おかもと まきこ

心の中の小さな声、聴こえますか


この頃、社会の動きがなにかと騒がしいですね。

つい外にばかり意識が向きがちですが


心の中の小さな声、聴こえていますか。

身体の感覚の日々の変化、

どんな風に感じますか。


私たちの日常は忙しくなりすぎて

身体や心の声が

聴こえにくくなっているようです。


失体感

失感情

過剰適応


という言葉があります。


この3つは<心身症になりやすい性格特徴>ともいわれますが

超スピード化・効率化・競争化が激しいストレス社会の現代

多かれ少なかれ、誰もがこの傾向を持っています。


外の世界にうまく適応しようとするあまり

周囲に対して過剰に気を遣い

自分を置き去りにして頑張り過ぎてしまう状態


心と身体はとても繊細に、密接につながっていますから

こうした無理をし過ぎた緊張状態が続くと

身体的・精神的疲労が重なり

頭痛、肩こり、腰痛、めまい、胃腸症状など

さまざまな不調が生じてきます。


<自分を置き去り>って?

かつて私も過剰適応な仕事人間だったので

分かりやすく解説する自信あります。


頭の中が仕事のことや人間関係のことなどでいっぱいで

ぐるぐる思考がとまらない状態


あれもしなきゃ、これも…

あんなこと言っちゃってマズったかな?

どう思われただろう?

こんなことしなきゃよかった、次はうまくやらなきゃ…


心の中は

過去・未来・他者の心の内

そんなことでいっぱいいっぱい

常に、<心ここにあらず><上の空>


心がいつもさまよっているので

自分のことは後回し

自分自身の身体の感覚がどんな状態かについて

ほとんど気づきませんでした。


不調というものは急に始まるのではなく

徐々に蓄積されていくもの


でも身体の感覚への気づきが弱いので

ある朝、首が痛くて起きれない

ぎっくり腰になった

めまいで倒れた

便秘と下痢の繰り返し


そんなひどい症状が出て初めて気づく

私、どうしちゃったの!?


そして失感情

あの頃は

肉体だけでなく

自分の感情にも気づきにくくなっていました。


なんとなくモヤモヤ、イライラするけれど

どんな感情なのか分からない


怒り、悲しみ、不安、焦り、寂しさ…

感情のありようについて言葉で表現できると

その感情が生じた背景に目を向けたり

少し冷静になって振り返れたりしますが

感情に鈍感なので

その深堀りが進まない

自分が抱えている<葛藤>を客観視できないのです。


失感情がひどくなると

モヤモヤ、イライラしていることにすら

気づかない場合もあります

不快なものを抱えているけれど気づけない

そんな状態が続くと

行き場を失った感情が<身体症状化>する場合があります。


頭が痛くなったり、お腹が痛くなったり

めまいがしたり、息苦しさを覚えたり

感情はさまざまな症状で

その存在を訴えてきます

気がついてもらえるまで…


ここにいるよ、気がついて


そういう視点からみると

症状や苦しさは

不調和な状態にいる主(あるじ)を

立ち止まらせて調和へ戻そうとする

無意識下の自己治癒力なのかもしれません。


本当に、心と身体って、

深い深いところでつながっているんですね。


ヨガセラピーでは

まず<失体感>を脱するために

呼吸法と肉体への緊張と弛緩によって

身体感覚への気づきを深めていきます。


自分の身体の緊張に気づき

さまざまな感覚を感じられるようになると


こんどは<失感情>


固く閉じていた心の扉をそっと開いて

自分自身の感情や思考に気づけるように


まるで空を眺めるように

お天気を眺めるように

流れる雲を眺めるように

スクリーンを眺めるように


他人事のように意識を分離して

温かい穏やかな関心を寄せながら

心の中をありのままに眺め

価値判断せず、解釈せず

ただ味わうという体験(心観瞑想)を

静かに繰り返していきます。


呼吸が深まり

心の乱れを静めて

心身が安らかになって初めて

心の内の小さな声が

聴こえてくるようです。


夏の夜

1日のうちのほんの少しだけ

静かに一人になって目を閉じて

無心になって

自分という宇宙と向き合ってみませんか。


画像の絵のように

ひっそりとした

心の海の底にたたずむ深い森

ほのかな青白い光を放って

そこには

不思議な魅力と活力に満ちた無限の世界が

広がっています。


◇画像の絵は、大ファンの画家・梅宮順子さんの作品を購入して使わせていただいています。いつも素敵な作品をありがとうございます。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示