top of page
検索
  • おかもと まきこ

不完全性という愛しさ


不完全性という愛しさ


2022年最後の満月が巡ってきました


今夜の満月ヨガ


わたしのテーマは

〈不完全性を受け入れる〉


完璧であろうとする苦しみは

ひとを孤独にしますね


完璧になれない自分を責めて

他人の欠点ばかりが目について

心は冷えて…

凍土のように固く

凍えてしまいます


自分の不完全性を受け入れて

愛しさを感じたとき


すべての生き物の不完全なありように

慈愛の気持ちがあふれでて

世界はガラリと変わり

ハートがあたたかくなります


不完全という

ダイナミズム、美しさ、きらめき


不完全だからこそ

光を求めて、もがく

前へすすもうと動く


そのありように

神を惹きつけてやまない

人間の魅力 

感じませんか?


わたしたちが

プルシャという完全で永遠の存在でありながら

肉体と心という

不完全性と有限をまとって

この世に生まれてきた意味こそ

宇宙の神秘


不完全な限界を背負いながら

ときに、内側から

燦然と輝く恒星のような光が放たれて


鉛色の厚い雲から 

太陽が一筋の光を放射するような

美しい一瞬があります


そんな瞬間に

愛しさを感じませんか


闇が濃い世界だからこそ

ひとの生を通して

闇をつらぬく光が 

地球上には満ちあふれています


陰気が極まる12月は

レ・ミゼラブル(ミュージカル映画2012年)がおすすめ


ほとばしる生命エネルギー

使命を全うする

自由、愛、死をとおして見えてくる

生きる意味について


想いを馳せてみませんか


最後に

インドの故ガンジー首相の名言を

あなたへ


……………


束縛があるからこそ、

わたしは飛べるのだ


悲しみがあるからこそ、

わたしは高く舞い上がれるのだ


逆境があるからこそ、

わたしは走れるのだ


涙があるからこそ、

わたしは前へ進めるのだ

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page