検索
  • おかもと まきこ

ヨガとスポーツ、どう違う?


セルフケアとしてヨガを選んでくださる方が

最近、年代・男女を問わず

とても増えているように感じます


心身のバランスをととのえて、もっと安らかになりたい

感情コントロール力を身につけたい

もう同じような課題でつまづきたくない

自分らしく自由に生きてみたい


こんな希望を抱いて

初心者の方が門を叩いてくださるとき

その出逢いに

感謝と歓びに満たされます


なぜなら

ヨガを地道に継続していれば

必ず、この思いはかなうからです



生活習慣を変えるために

スポーツを選ぶのもひとつの方法ですが


肉体だけではなく

<呼吸>を通して自律神経を操作しながら

<心>を科学的にあつかうヨガについて


一般的なスポーツとの比較・相違という視点から

ご紹介します

興味のある方はぜひ読み進んでみてください



◇やり方

スポーツ:速い動き、動的、反復

ヨガ:ゆっくり、安定と保持、快適


◇エネルギー

スポーツ:消耗

ヨガ:保存


◇効果

スポーツ:肉体疲労

ヨガ:弛緩、落ちつき


◇自我意識

スポーツ:自己顕示、闘争心強化

ヨガ:自我意識の昇華(自己滅却)


◇心のあり方

スポーツ:暗性(怠惰)から動性(激しさ)へ

ヨガ:動性(激しさ)から純性(おだやかさ)へ


◇影響を受ける体内組織

スポーツ:主に体壁筋、呼吸・循環器系

ヨガ:呼吸・循環器系、消化器系、内分泌・免疫系など


…………………………


いかがですか?


一番大きなポイントは

ヨガには敵がなく

スポーツには敵(競争相手)の存在がいること


ヨガが戦うのは純粋に、自分自身です


欲望へと引き寄せる感覚器官や

苦しみの源となる感情などを

あるがままに自己客観視して

自己コントロールして

心と肉体に引きずられる奴隷ではなく

心と肉体を道具として使う立場(主体)に

逆転をめざします


自制力が涵養されてゆくと

静けさ、安らぎ、調和に満ちて

<純粋意識>と呼ばれる

わたしたちの本質へと近づいてゆきます


ヨガは特別な人のためのメソッドではなく

だれでも同じようにゴールへ近づける

合理的・客観的な<心の科学>なので

安心して自分のペースで取り組んでいただけます


誤解のないようにつけくわえると

スポーツでも

競争ではなく自分自身の修行として

熱心に取り組んでおられる方々も

いらっしゃいます


また、弓道、合気道、空手道などの武道も

競争を超えて心の鍛錬として

取り組んでおられる方々が多いですね


これらはヨガと重なります

仏教の禅なども

ヨガのディアーナ(禅那)から生まれたもので

大きな意味で同じものです


目の前にそびえる高大な山へ登る道は

一つだけではありません


最も大切なポイントは<心のあり方>

ヨガでも禅でも武道でもスポーツでも

自分自身の心を磨くために行うとき

めざすゴールは、一緒かもしれませんね




注意したいのは

ヨガの中にも

ポーズの完成度、身体の柔軟さなどを比べて

生徒さん同士競わせるような流派さんが

いらっしゃること


ヨガの本質から逸脱しているかどうかは

参加したときの空気を

<自分の心がどう感じるか>を観察すれば

すぐわかります


もっと早くうまくなりたい!

あの人よりできない、だから私はだめなんだ

今度こそあのポーズをクリアするぞ


そんな焦燥感や渇望が生まれてくると

呼吸は浅く、心は速化・乱れて

<心の平安>をめざす本来のヨガとは

かけ離れた方向へいってしまいますね


あなたが心を磨くセルフケア

どんな方法が自分にぴったりかどうか

それは

あなた自身が一番知っています


…………………………


月ヨガテラスにご興味のある方は

公式ホームページをご覧になってください


◇プライベート・ヨガセラピー

◇心身デトックス&陰陽統合グループセラピー

◇ムーンサイクルヨガ

◇体験キャンペーン中


◇参考文献ヨーガ療法士養成講義資料集

(日本ヨーガ・ニケタン)

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示