検索
  • おかもと まきこ

オリンピックを終えて


北京オリンピックが終わりましたね


4回転アクセルへの挑戦をつらぬいた

羽生結弦選手のありかた(being)に


<二極を超える>

という

ヨガの教えの真髄をみた


と投稿させていただきましたが


最終日

フィギアスケートのエキシビションで

<春よ、こい>の美しいピアノの音色にのせて

おおらかに氷上を舞う彼の表情をみて


こんどは

<サマーディ>の境地をみた感があります


言い訳ではありませんが…

わたし個人的にはあまり

競争や勝負の世界であるスポーツに興味はうすく

オリンピックも


ああ、やってたのね


くらいなのですが

羽生選手が今回、世界へ向かって放ったものは

スポーツを超えた独特のもので


なんだろう、これは…と着目し


ヨガ的視点で深く感じるところがあったので

みなさんへもお伝えしたくなりました


興味のある方は

読み進んでみてください


…………………………


<サマーディ>とは

深い瞑想によって

心の想念が止滅され

意識を超えて

すべての存在がひとつであることを感じ

一体となること


悟り

解放

解脱(モークシャ)


などともいわれます


…………………………


さて、ヨーガの権威ある教えをはじめよう

     ヨーガ・スートラ 1章1節


ヨーガとは、心のはたらきを止滅することである

              1章2節


その時、見る者は本来の姿(本性)にとどまる

              1章3節


(中略)


これらもまた止んだ時には

心全体が止滅の状態となり

対象のないサマーディとなる

              1章51節


…………………………


ヨガのバイブル

ヨーガ・スートラは

<サマーディ>にかなり字数を費やしています


これこそ、ヨガがめざす最終目的地


ヨガの道を歩むわたしたちは

このサマーディの境地へ至るために

日々、修練と実践を重ねるといっても

過言ではありません


サマーディでは

感覚は眠っているかのように静まりつつ

理性は研ぎ澄まされて

精神統一されています



瞑想がブームとなり

<無になるのが悟りなんですよね>

<なにも考えちゃいけないんですか?>

という声を聞くことが増えましたが


実はサマーディに近づくためには


勝敗、苦楽、愛憎、損得など

自分自身の欲望にまつわる

二極に対立する価値観や思いを超えること


利己心の根源にある自我(エゴ)を手放すこと


自我にねざす想念(思考や感情)を静めること


すべての生命を敬う慈愛のおもいを育んでゆくこと


などが求められます


それは

二極対立の克服と自己自身からの離脱をめざして

己を克服しながら

すべての生命との一体感を取り戻していくプロセス


〇肉体的な鍛練(自己客観視と自己コントロール)

〇精神的な鍛練(自分の心のあり方に意識を向ける)

〇すべての生命への慈しみと友愛の心によって

他の生命に尽くす(奉仕)行いをする


この3つの原理を

シンプルに地道に取り組んでゆくことで

だれもがサマーディの境地へと近づいていける

と言われます


日本古来の武道の理念にも

共通するところがあって


スティーブ・ジョブズの愛読書である

<弓と禅 オイゲン・ヘルゲル著、福村出版>には


まさにサマーディの境地をめざす弓道の精神が

分かりやすく説かれています


…………………………


そして羽生選手


彼はスケートを通して

心身を鍛錬しながら

少年期に東日本大震災を経験し

他者を思いやる心や共感を育て

心を広げていったのかもしれません


14日の記者会見の彼の発言から


…………………………


いろんな気持ちの中で最近

フィギアスケートというものと向き合ってますけど

東日本大震災の時に感じましたけど

何かをきっかけにしてみんなが一つになるということが

どれだけ素晴らしいかということを

あの震災から学んだ気がしていて

辛い犠牲の中でのことですけども


僕の演技で

みなさんの心が少しでも一つになるきっかけになっていたら

僕は幸せものだなと思いますし

それが震災とか災害とかじゃなくて

もっと何か健康的に

何かを犠牲にすることのない幸せの方向の

きっかけだったらとてもうれしいなと思う


…………………………


開催国の中国の人々に対する彼の向き合い方


アスリートとしての技術的表現だけでなく

エキシビションにみられるような

創造的自己表現によって

世界中の人々へうったえかける

<一体感を呼び起こすメッセージ>


オリンピックの舞台で

スポーツという領域を大きく超えて

彼だけの自己表現を

これほどの存在感をもって

堂々とやってのける器の大きさ


暗いニュースがあふれる中

世界中にあたたかさが広がっていくような

やわらかい感覚が胸にひびきわたり

安らかな気持ちになりました


ふたたび

心から、ありがとうございました

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示