検索
  • おかもと まきこ

ゆめのタネがふくらむとき


月のしずくが下りて

心にうまれた小さなタネ


月日は流れ


月の満ち欠けが心のよどみを流し

太陽の光が変化と力をうんでゆく


悲しみの果てに

夢を語りだしたあなたへ


あなたの心におりた一滴の月のしずく

月との出逢いで

内なる心とのつながりにめざめ

月のしずくが生んだ小さなタネが

太陽のエネルギーで芽吹いていきます


陰と陽が織りなす生命の躍動


ムーンサイクルヨガで

心の内に意識を向け

チャンドラ・ベーダナで深い呼吸を思いだし

月の経絡を刺激して自律神経をととのえ

身体の緊張を解放して

心の<枷 カセ>をゆるめていくと

本来の生命エネルギーが冬の雪解けのように

よみがえってきます


春を迎えた心身には、太陽礼拝がぴったり


百名ビーチでの夜明けの瞑想&朝ヨガ

勇気をだして、申し込んできてくれてありがとう


一緒に大空のもとで自分を解放して

自由と安らぎを味わっていこうね


すべてに満ちる透明な光に自我を溶かし

太陽の活力、強さ、豊かさで

自分を満たしていきましょう


あなたの夢が自分らしく芽吹いていく姿

愛おしく見守っているよ


<心の安定は

悲しみを超えた輝く光を知覚することでも得られる>

   ヨーガ・スートラ 1章36節


…………………………


我が家の裏庭にも春が来ました

6年前に地植えしたシークワーサーが

やっと花をつけて

気がつくと満開


小さく可憐な白い花は

まるで月の光のよう

ミツバチが群がっています


去年はダメだったミニトマトも

なぜか大豊作


コーヒーの木も

初めて赤い実をつけました


お庭は<心>を反映しますね


かなり前

荒れ放題だった時期は除草剤まで使い

草も生えない死にかけた土に

イシクラゲという奇妙な生物が大繁殖し

青ざめたこともあります


あの頃のわたしの心は

激質(ラジャス)と暗質(タマス)を行ったりきたり


焦燥感や貪欲さのラジャス

投げやりで怠惰なタマス


生命本来の姿とかけ離れていたのです


ヨガで純質(サットヴァ)が高まってゆくと

心は透明に、安らかに、静けさをおびて

お庭との関係も変化しました


桜やトネリコが風に揺れる姿

鳥の声、土の匂い

目を閉じて、自然のリズムに満たされる日々


そんなお庭に、3月1日

一滴の月のしずくが下りてきました

小さな小さな夢のタネ


この日はヨガの主神シヴァ神が

宇宙の創造、維持、破壊のダンスを踊ったとされる

マハ―・シヴァラートリーの祝日(インド)


シヴァが躍るとき

世界はプラクリティの力でエネルギッシュに動き出す


破壊と再生の神であるシヴァのダンスは

世界とわたしたちに<変化>を促します


そんな日に、心におりた一粒のタネ

どうなっていくんでしょうね

わくわくする春の日


最後まで読んでくださり

ありがとうございました

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示