top of page
検索
  • おかもと まきこ

いつも、何度でも


正月三日 朝からお日様が顔を見せて 穏やかな、静かな空ですね この陽気に 鳥たちがとても喜んで ほたる野に シークワーサーの花が一輪 咲きました 元旦の桜に続いて ほとばしる生命エネルギーが 歓びと至福を告げてくれます 薔薇も満開 宇宙のエネルギーが ほたる野に満ちあふれてきました いつも何度でも を口ずさみながら 新しい年の旅に、思いを馳せます ……… 呼んでいる 胸のどこか奥で いつも何度でも 夢を描こう 悲しみの数を言い尽くすより 同じくちびるで そっと歌おう 閉じていく思い出の そのなかにいつも 忘れたくない ささやきを聞く こなごなに砕かれた 鏡の上にも 新しい景色が 映される はじまりの朝の 静かな窓 ゼロになるからだ 充たされてゆけ 海の彼方には もう探さない 輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられたから      〜いつも何度でも 木村弓

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page